初音ミクのツボ <9> 完コピのすすめ

いつのまにかカテゴリの同時刻に投稿した記事の表示が逆になっちゃってますね。excite blogの仕様が変わったのかな・・・。順番がバラバラで見づらくてごめんなさい(TヮT

さてさて、完コピ(完全コピー)のすすめです。ちょっとミクとはお話がずれちゃってきましたけどキニシナイ!(´ヮ`; 完コピとは何か。ずばり、自分の好きな曲(プロの演奏する市販の楽曲)を、自分の持っている楽器を使って、オリジナルの音源とそっくりにコピーすることです。メロディーやオケの譜面を始め、演奏から、音色から、楽器から、エフェクト、パン、ミックスに至る何から何まで、可能な限り再現させます。

他人から見たら自己満足にしか見えないかもしれませんけど、これはすっごく勉強になります。やってみると分かるのですが、プロの演奏やミックスは、ちょっとやそっとじゃ真似しても(例え正確なバンドスコアとプロと同じシンセ・楽器・機材を使っても)到底同じにすることは出来ません。そこに、その曲はなぜ心地よく聴こえるのかのヒミツがあるのです。

それは、それぞれの楽器特有の演奏方法だったり、オケの構成だったり、楽器に加えるエフェクトだったり、パンやミックスバランスだったり、数えればきりがありません。そのひとつひとつを理解していくことで、なぜそのタイミングでその音がそのように鳴っているのか、編曲の基本や定石が少しずつ理解出来ていくと思います。そこにはいかに音楽を心地よく聴かせるかに腐心してきた先人達の知恵が詰まっているのです。とある記事で、らき☆すたの楽曲等で有名な神前暁さんも同じことを言っていてちょっと嬉しかったり(´ヮ` この方法の唯一の欠点は、それこそ何百回と同じ曲をリピートするので、せっかく好きな曲なのに飽きてしまうことでしょうか;

それらの基本を抑えることが出来たら、次のステップでこういう音はどうだろう?こういうアレンジはどうかな?自分はこういうのが好みだ、などなど発展させて、最終的にはオリジナルの編曲、そしてオリジナルの楽曲につなげていくことが出来ると思います。なかなか難しいですけどっ(TヮT

同じように、ミクの歌い方に関しても、プロの歌手の歌い方を可能な限りシミュレートすることはすごく勉強になると思います。ブレスやレガート、更にピッチやダイナミクスによる微妙な感情の表現などなど。自分の歌い方を意識した我流でも良いのですが、やっぱりプロを参考にするのは、上手くなるために重要なステップだと思うのです。

本当は生楽器・生演奏・生ボーカルを通して、それらを身をもって勉強出来れば一番幸せなんですけど、趣味DTMerにはなかなか無理な話ですよね(TヮT それでも一度、ライブ演奏を見る機会があればぜひ見てみましょう。きっと、音楽に対する見方もがらりと変わると思いますよっ(´ヮ`*
[PR]
by hatsuyuki0422 | 2007-12-12 00:00 | 初音ミク
<< OPムービーの作り方<1... らくがき発掘 >>